FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
精神の生態学
責任表示 
G. ベイトソン [著] ; 佐藤良明訳
版表示 
改訂第2版
出版事項 
東京 : 新思索社, 2000.2
形態事項 
12, 669, xxxviip ; 22cm
ISBN  
4783511756
注記 
原著新版の翻訳/グレゴリー・ベイトソンの年譜・全書誌: 巻末pxviii-xxxiii/本書で言及されている本と論文: 巻末pxxxiv-xxxvii
別タイトル 
Steps to an ecology of mind
著者標目 
Bateson, Gregory, 1904-1980 ; 佐藤, 良明 [サトウ, ヨシアキ]
分類 
NDC8:389.04 , NDC9:389.04 , NDLC:G121 , NDLC:SC361
件名 
BSH:文化人類学 , BSH:精神病学 , BSH:生物学 , NDLSH:精神神経科学

目次編集

序章 精神と秩序の科学編集

第一篇 メタローグ編集

物はなぜゴチャマゼになるのか――確率論の基礎講義

フランス人の手ぶり――メタメッセージとは何か

ゲームすること、マジメであること――生のゲームとそのルール

知識の量を測ること――総点主義テスト教育の認識論的誤謬

輪郭はなぜあるのか――生きた世界の予測不可能性について

人が白鳥になる理由――バレーにおける隠喩と生と美

本能とは何か――動物研究の新パラダイム

第二篇 文化と型式編集

文化接触と分裂生成――関係の力学からの文化の総体を見る

民族の観察から私が進めた思考実験――科学とアナロジー思考

国民の士気と国民性――英米独各国民性の違いを科学する

バリ―定常型社会の価値体系――負のフィードバックを原理として作動する文化

プリミティブな芸術の優美と様式の情報――芸術の感動とはどんな情報伝達によって得られるのか

コメント

第三篇 関係と病理編集

社会計画と第二次学習――性格を形成する学習とは

遊びと空想の理論――「うそ」と「ふり」のパラドックス

疫学の見地から見た精神分析――人を分裂病に引き込むコンテクストを探る

精神分裂病の理論化に向けて――ダブルバインド理論の完成を告げる歴史的論文

精神分裂症の集団力学――スキゾフレニックな家族を捉えたパターン

精神分裂症の理論に必要な最低限のこと――ダブルバインド理論が隣接科学に迫る認識論的転換

ダブルバインド、1969――イルカ研究に基づく「創造的ダブルバインド」論

学習とコミュニケーションの階型論――ベイトソンの学習理論の集大成

「自己」なるもののサイバネティックス――アルコール依存症を助長する関係性、それを治療する関係性

コメント

第四篇 情報と進化編集

生物学者と州教育委の頭のからっぽさについて――進化論教え方についての提言

進化における体細胞的変化の役割――ラマルクとダーウィンの対立を止揚する

クジラ目と他の哺乳類動物のコミュニケーションの問題点――海中環境における高度な非言語的コミュニケーション

「ベイトソンの分肢則」再考――個体発生における情報伝達とその異常

コメント

第五篇 生命と認識編集

サイバネティックの説明法――意味とは何か

冗長性とコード化――コミュニケーションの発生と進化

目的意識対自然――文明システム破壊の可能性

サイバネティックスの説明法――「意味」とは何か

冗長性とコード化――コミュニケーションの発生と進化

目的意識対自然――文明システムの破壊の可能性

目的意識がヒトの適応に及ぼす影響――破壊を救うべき「叡智」をシステム論から定義する

形式・実体・差異――「精神生態学」の完成

コメント

第六篇 文明と健康編集

ヴェルサイユからサイバネティックスへ――今世紀に起こったもっとも重要な二つの事件

エピステモロジーの正気と狂気――「パワー」と「コントロール」の神話を撃つ

環境危機の根にあるもの――ハワイ州上院の委員会に提出した「証言書」

都市文明のエコロジーと柔軟性――精神生態学の視点から環境プランニングを論じる


紹介編集

役立つ情報編集

松岡正剛氏による書評
松岡正剛の千夜千冊『精神の生態学』上・下 グレゴリー・ベイトソン
斎藤環氏による書評
asahi.com(朝日新聞社):グレゴリー・ベイトソン『精神の生態学』 斎藤環(上) - たいせつな本 - BOOK

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki