FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
ランドル・コリンズが語る社会学の歴史
責任表示 
ランドル・コリンズ著 ; 友枝敏雄訳者代表
出版事項 
東京 : 有斐閣, 1997.7
形態事項 
viii, 343p ; 22cm
ISBN 
9784641075955
注記 
文献案内: p303-327 / 索引: p333-343
別タイトル 
Four sociological traditions / 社会学の歴史 : ランドル・コリンズが語る
著者標目 
Collins, Randall, 1941- ; 友枝, 敏雄 [トモエダ, トシオ] 訳者代表
分類 
NDC8:361.2 , NDC9:361.2 , NDLC:EC21
件名 
BSH:社会学 -- 歴史


目次編集

序文 kurubushi_rm

プロローグ 社会科学の誕生

第1章 紛争理論の伝統

第2章 功利主義・合理的選択理論の伝統

第3章 デュルケム理論の伝統

第4章 ミクロ相互作用論の伝統

紹介編集

QuestionBaadge

アメリカで定評のある社会学史のテキスト。社会学の方法・視角の上から見た4つの大きな流れを,各々の特色,相互の関係を中心に簡明に叙述。原典からの煩瑣な引用を避けたストーリー性のある文章はきわめて読みやすい。

本書では,4つの伝統にそって既存の社会学理論をただ羅列するのでなく,4つの伝統の相互乗り入れの様子とダイナミックに展開していく社会学理論の姿が,鮮やかに示されている。また,ヨーロッパに生まれた社会学がどのようにアメリカに受容されていったか,マルクス,ヴェーバー,デュルケム等の巨人の理論が現在の社会学理論の中にどのように息づいているかが浮き彫りにされ,近年脚光を浴びている「意味学派」,合理的選択理論も適切な位置づけがされている。

出版社による紹介より)


役立つ情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki