FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
知的トレーニングの技術 : 決定版 (別冊宝島 ; 17)
責任表示 
花村太郎著
出版事項 
東京 : JICC出版局, 1982.3
形態事項 
278p ; 21cm
著者標目 
花村,太郎 [ハナムラ,タロウ]
分類 
NDC8:159
件名 
NDLSH:成功法

目次編集

プロローグ 知的スタート術

第1部 準備篇編集

・立志術……志を立てる

・青春病克服術……人生を設計する

・ヤル気術……ヤル気を養う

・気分管理術……愉快にやる

・発問・発想トレーニング……問いかける

・《基礎知力》測定法……自分を知る

・道具術・保管術……文房具をそろえる

・知的交流術……友を選ぶ・師を選ぶ

・書斎術……知的空間をもつ

・配架法……本を並べる

・知的工具術……事典をそろえる

第2部 実践編編集

・知的生産過程のモデル……論文を書く

・蒐集術……あつめる

・探索術……さがす・しらべる

・知的パッケージ術……分類する・名づける

・思考の空間術……考える

・知的生産のための思考術……推理する

・科学批判の思考術……疑う

・エコロジー思考術……「もうひとつの科学」的思考

・思想術……直感する

・発想法カタログ……さまざまな巨匠達の思考術・思想術

・執筆術……書く

紹介編集

1979年の月刊誌『宝島』7月号に、花村太郎氏の100ページ特集「知的トレーニングの技術」が掲載された。

1982年に内容が拡大され充実して出版されたのが、この『知的トレーニングの技術』である。

パソコンが普及する前の本ではあるが、色あせることなく、知的な世界を生き抜くための、楽しむための、素晴らしい一冊である。

役立つ情報編集

(著者紹介)

長沼 行太郎/花村太郎

1947年生まれ。関東短期大学助教授。早稲田大学文学部卒業。東京都立大学人文科学研究科修士課程修了。専門は近代文学、文章論、メディア論。著書に『思考のための文章読本』(ちくま新書)、花村太郎の筆名で『知的トレーニングの技術』(JICC出版局)、『頭の錬金術』(徳間書店)がある。また、NPO法人「くらしとお金の学校」の理事としても精力的に活動している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki