FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
日本の家郷 (MC新書 ; 034)
責任表示 
福田和也著
出版事項 
東京 : 洋泉社, 2009.1
形態事項 
184p ; 18cm
ISBN 
9784862483294
注記 
新潮社1993年刊の再刊 / 参考・引用文献一覧: p160-172
著者標目 
福田, 和也 [フクダ, カズヤ]
分類 
NDC8:914.6 , NDC9:914.6

目次編集

第1章 日本の家郷—彷徨の様式としての近代小説 小説論

第2章 生成する日本—文学という離宮 古典論

第3章 虚妄としての日本—モダニズムの地平と虚無の批評原理 批評論

報告者:あむばる <すがゼミ〔現代思想論〕報告資料>

紹介編集

「BOOK」データベースより

著者は、彷徨の果てに幻影としての日本を見た倭建命、出発も到着も奪われた「くらい」小説を書き続けた徳田秋声、覗き穴の向こうに彼方を見出した永井荷風らの彷徨に家郷を見る。

「みやび」を「離宮」に囲った後水尾院と、その美意識を受け継いだ荻生徂徠、本居宣長に対し、連鎖、生成、流離としての「日本」を再興し、過程としての古典を認識するための新しい国学を求める。

西欧と対峙して文明開化に絶望した横光利一、「何処でもない場所」への情熱につかれたモダニストとしての保田與重郎、そしてモダニズムの帰結としての日本を追求した萩原朔太郎らの凝視した、「虚妄としての日本」を見据える。

三つの小説論、古典論、批評論から、「日本」が顕れる。

三島由紀夫賞受賞作品。

役立つ情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki