FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
論理学をつくる
責任表示 
戸田山和久著
出版事項 
名古屋 : 名古屋大学出版会, 2000.10
形態事項 
v, 433p ; 26cm
ISBN 
9784815803902
注記 
ブックガイド: p422-425
別タイトル 
Learning logic through building it
著者標目 
戸田山, 和久 [トダヤマ, カズヒサ]
分類 
NDC8:116 , NDC9:116
件名 
BSH:論理学

目次編集

はじめに編集

第I部 論理学をはじめる編集

第II部 論理学をひろげる編集

  • 第5章 論理学の対象言語を拡張する
  • 第6章 おおっと述語論理のセマンティクスがまだだった
  • 第7章 さらに論理言語を拡張する
  • 第8章 さらにさらに論理言語を拡張する
  • 第II部のまとめ

第III部 論理をもう1つの目で見る編集

  • 第9章 自然演繹法を使いこなそう
  • 第10章 シンタクスの視点から論理学のゴールに迫る
  • 第III部のまとめ

第IV部 論理学はここから先が面白い! 進んだ話題のロードマップ編集

  • 第11章 めくるめく非古典論理の世界にようこそ!
  • 第12章 古典論理にもまだ学ぶことがたくさん残っている
  • 第IV部のまとめ

付録編集

  • A.A little bit of mathematics
  • B.練習問題解答
  • C.ブックガイド

紹介編集

「論理的に出てくる」っていったい何だ。

それを確かめるにはどんな方法があるだろう。

その方法はどんなケースにも有効だろうか。

かりに有効だとしても、そのことをどのように確かめたらよいだろう。

…こうした問題にとりくむためには、おもちゃのような論理学をつくることからスタートし、それをだんだんと改良していく戦略が有効だ。

学ぶに値するおもしろさに満ちた論理学の豊かな世界を基礎からマスターできる教科書。

役立つ情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki