FANDOM



書誌情報編集

タイトル 
ディオニュソスの労働 : 国家形態批判
責任表示 
アントニオ・ネグリ, マイケル・ハート著 ; 長原豊, 崎山政毅, 酒井隆史訳
出版事項 
京都 : 人文書院, 2008.4
形態事項 
465p ; 22cm
ISBN 
9784409030745
注記 
原著 (University of Minnesota Press, c1994) の全訳 / 引照文献: p440-458
別タイトル 
Labor of Dionysus : a critique of the state-form
著者標目 
Negri, Antonio, 1933- ; Hardt, Michael ; 長原, 豊 [ナガハラ, ユタカ] ; 崎山, 政毅 [サキヤマ, マサキ] ; 酒井, 隆史 [サカイ, タカシ]
分類 
NDC9:311 , NDC9:366 , NDLC:EL31
件名 
BSH:労働 , BSH:国家

目次編集

第1章 批判としてのコミュニズム

Net-M研究会

第2章 ケインズと国家の資本主義的理論

Net-M研究会

第3章 憲法における労働

第4章 コミュニズムの国家論

第5章 国家と公共支出

第6章 ポストモダン法と市民社会の消滅

第7章 構成的権力の潜勢力

Net-M研究会


紹介編集

並ぶものなきユニークさにみちた、さまざまな次元での"革命"をめぐる真摯な思考のオーケストレーション。

三十年強の長きにわたるネグリ思想の一大集積。

『"帝国"』や『マルチチュード』で展開される現在の基本的な問題設定のすべてがここにある。

役立つ情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki