FANDOM


書誌情報編集

タイトル 
懐疑主義の方式 : 古代のテクストと現代の解釈
責任表示 
ジュリア・アナス, ジョナサン・バーンズ著 ; 藤沢令夫監修 ; 金山弥平訳
出版事項 
東京 : 岩波書店, 1990.7
形態事項 
x, 320, 23p ; 22cm
ISBN 
4000003313
注記 
文献表:巻末p20-23
別タイトル 
The modes of scepticism : ancient texts and modern interpretations
著者標目 
Annas, Julia ; Barnes, Jonathan ; 金山, 弥平 [カナヤマ, ヤスヒラ] 訳 ; 藤沢, 令夫 [フジサワ, ノリオ]
分類 
NDC8:131.7
件名 
BSH:懐疑論

目次編集

序章

第1章 懐疑哲学

第2章 古代哲学における懐疑主義

第3章 10の方式

第4章 人間と他の諸動物

第5章 人間の多様性

第6章 感覚

第7章 情況

第8章 場所と置かれ方

第9章 混合

第10章 量

第11章 相対性

第12章 平凡と稀少

第13章 習慣と確信

付録A ピロンとディオゲネスにおける10の方式

付録B 原因論に反対する8つの方式(セクストス『概要』第1巻180−5節)

付録C アグリッパの5つの方式(セクストス『概要』第1巻164−9節)

付録D 2つの方式(セクストス『概要』第1巻178−9節)

付録E テクストに関する注


紹介編集

出版社/著者からの内容紹介

近代特に関心の高まっている懐疑主義.判断を留保し懐疑主義者となるよう人を促すための10の方式を論じる,古代の主要3テクストについて,本書は入念な解釈と批判を行う.西洋哲学およびギリシア思想への入門にも格好の書.

Book Description

The Modes of Scepticism is one of the most important and influential of all ancient philosophical texts. The texts made an enormous impact on Western thought when they were rediscovered in the 16th century and they have shaped the whole future course of Western philosophy. Despite their importance, the Modes have been little discussed in recent times. This book translates the texts and supplies them with a discursive commentary, concentrating on philosophical issues but also including historical material. The book will be of interest to professional scholars and philosophers but its clear and non-technical style makes it intelligible to beginners and the interested layman.

役立つ情報編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki