FANDOM


目次へ戻る パート2へ戻る

パート3:キャラクター・ディベロップメント編集

第9章 モチベーションからゴールまで編集

第10章 コンフリクト(葛藤)を見つける編集

モチベーション 行動 ゴール コンフリクト
主人公 両立しないゴール
敵対者 両立しないゴール


  • 小説を脚本化できるかどうかは、小説のメイン・プロット(心理、人間関係中心)とサブ・プロット(事件中心)を入れ替えることができるか(入れ替えても成立するかどうか)
  • 小説に忠実であるということは、次のことを意味する。
  • 斬新勝つ劇的な方法でプロットとサブプロットを配する
  • 小説の中で暗示されているに過ぎないコンフリクトを表面化させる
  • それぞれのアクトでコンフリクトが明確になるようシーンを再構成する
  • コンフリクトがストーリーを通じて一本の筋道を持つよう、それぞれのシーンに質感を持たせる

CHECK LIST編集

  • 主人公は誰で、敵対者は誰なのか
  • コンフリクトは何なのか
  • コンフリクトは、内面的か、相対的か、社会的か、状況的か、絶対的か。
  • コンフリクトの大部分は人間関係の中で表現されているだろうか。
  • どのようにコンフリクトは表現されているだろうか。
  • コンフリクトを表現する際、ダイアローグと共に、イメージや行動を用いているだろうか。
  • シーンにさらなるインパクトを加えるため、登場人物間の小さなコンフリクトを作っただろうか。
  • ストーリーを貫くメイン・コンフリクトはあるだろうか。
  • それは、ストーリーの柱とキャラクターの柱の両方に関連しているだろうか

第11章 立体的で深みのあるキャラクターを作る編集

  • 主役級ほど3次元(思考=哲学・態度、行動=意思決定、感情=気質と反応)をもつ登場人物にする。
  • キャラクター・アーク (変化の始まり)→(穏やかな変化)→(急激な変化)


第12章 登場人物の機能的な側面編集


目次へ戻る

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki